コースの醍醐味!

SWIM

比較的波の穏やかな特性を活かして、国内OWS(オープンウォータースイム)では珍しい沖へ向かう直線を泳ぐコース。自身のレースシーン記録として大海原へ泳ぎだす姿を是非画像に収めておきたいと思うはずです。スイム中に南の方角を見れば、青島がすぐそこに! 応援者がすぐそばで手を振る姿を横目にスイムも中々体験できないロケーションの一つです。もちろん、6月の水温は言うこと無し!おおよそ24℃でOWSに最適でずっと泳いでいたくなるくらい気持ちが良い海です。

大会前練習会の一コマ

大会前練習会の一コマ

大会当日のSTART時刻頃は干潮で泳ぎ始めるまで多少ランの距離が長くなる予定。

キッズのスタート時刻頃は満潮となる予定。

 

 

RUN

多くの方がご存知のとおり、宮崎はプロアスリートのキャンプ(合宿)のメッカ!青島にはそんなアスリートの集う宮崎総合運動公園も近接しています。今回はその運動公園内にあるクロスカントリーコース約3.3kmを使用します

クロカンコース入口に給水所を設け、2回給水できる。コース内は木陰で暑さをしのげる松の香り漂う癒しのコース。

コースには多少のアップダウンやコーナーがあり、ちょっとした過酷さも楽しめるコース。

 

リニューアルされたこどもの国公園内

ライトグリーンの芝生が心地よく、公園来場者が応援してくれるコース。公園からトロピカルロードへの出口に第①給水所を設けており、ロング・リレーのランナーはクロカンコースの帰りにも給水できる。

「鬼の洗濯板」を横目にラン

ースの各所で海側にみられる青島の風景「鬼の洗濯板」間近で見たり、遠方に見えたり最高のロケーションをお楽しみください

 

「通称:トロピカルロード」

青島太平洋マラソンでもおなじみの「トロピカルロード」と呼ばれる青島海水浴場沿いの歩道。日本のハワイといっても過言ではないコース。ランナー同士のすれ違いやサーファー、観光客もおおい走路で、モチベーションを高められます。

 

桟橋を渡り、青島を一周

青島神社への唯一の陸路にある「弥生橋」すべてのカテゴリーで通るランコースとなっている。大会当日は観光客も多く接触に注意したいとこでもあるがハイタッチなどでお互いに楽しんでもらいたいポイントでもある

 

 

コース全体図

PAGE TOP